おうちライフ

共働き子なし夫婦の嫁が送る、気ままなおうちライフ

おとうさんという未知でよくわからない人物について

f:id:gintomochi:20180619214303j:plain

父というものがわからないまま、いい大人になってしまいました。

本当の父は、私の物心がつく前に母と離婚。
だからまったく知りません。
母からずっと実父の悪口を聞いてきたし、噂ではもうほかに家族がいるそうだし、会いたいなと思ったこともあまりありません。
自分のルーツとなった人に対する興味があるのは事実ですけど。

確かに、小さいころから「おとうさん」にあこがれていた。
「あなたのためにおとうさんを探しているのよ」といって常に恋人がいた母は今思えばただただ母子家庭が寂しくて恋多き人だったわけだけど、「おとうさん」になりそうな人は私が覚えているだけでも4人くらいいた。
ある人とは新しい家を見に行ったりしたし、また別の人とは結婚式(!)も挙げたりしていた。
(驚くことに結婚式後に近くのホテルでなぜか母が怒ってそのまま私を連れて帰ってしまった。結婚式の直後に。ドラマかな?)

今の父は、小4のときに母が再婚した人。
新しい父が私のことを好きじゃないことは、子どもながらに早くから気づいていました。
それに、大学生になってそれは確信に変わりました。
だから結局私もあまりなついていなかったかもしれない。
仲良くなりたいなとがんばったりもしたけれど、結局つきはなされることの繰り返しだったので、距離を置くようになりました。

おとうさんってなんなんだろうなー
前の会社にすごく子どものことが大好きなイクメンがいたり、今の会社でも子どものいる男性が多くいるけれど、ちゃんと「おとうさん」なんだろうなと思います。

私はおとうさんがよくわからない。でもまぁ、普通に生きています(*´`*)

 

今週のお題「おとうさん」

ブログランキング・にほんブログ村へ 

よくわからない相手だけれどとりあえず父の日に贈り物はする。

gintomochi.hatenablog.com

頭のトレーニング!33歳が2週間百ます計算やってみた

f:id:gintomochi:20180617153417j:plain

四則計算の百ます計算を2週間続けてみました~!
陰山メソッドというものです。

小さいころは計算が大好きで、算数が得意科目でした。
さらに中学まで数学も好きで得意な方でしたよ(遠い目…)
それはひとえに、計算が得意だったからだと思うんですね。

gintomochi.hatenablog.com

 

でも!!
大人になって計算が遅くなった…つまり頭の回転が劇的に遅くなったと感じては落ち込むことが増えてきたんです。
公文式で反復練習の効果を子どものときから実感していたので、いつか計算ドリルやり直したいなーなんて思っていたんです。

f:id:gintomochi:20180617153512j:plain

陰山メソッドは、同じ問題を毎日続けるというもの。
割り算以外は百ます計算×2があって、朝と夕方に解くといいらしいですが、私は時間の関係上、朝に2つずつ解きました。

f:id:gintomochi:20180617153452j:plain

最初特にしびれたのが、あまりのある割り算。
足し算と引き算と掛け算を頭のなかでフル活用しながら解くので、頭からけむりが出そうでした。
最初はタイムもすごく遅くて!

f:id:gintomochi:20180619204805j:plain

目標タイム5分に対して、初日は5分13秒。
それが、最終日には3分30秒に! 

同じ問題を毎日ひたすら解くわけですけど、答えを覚えているというよりも計算に慣れていきます。
2週間続けていくうちに、だんだん問題を解くスピードや集中力でその日の自分の体調までわかるように(笑)

2週間続けてみて、当時の感覚が戻ったとは思えませんが、回転は早くなったと思います。
たとえば半年に1回とか定期的に解きたいなと思いました。

これもいわゆる「大人の学び直し」?
さらっとできるし、おすすめです百ます計算

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   

【未知の食材チャレンジ】モロヘイヤ

f:id:gintomochi:20180617153421j:plain

生鮮食品売り場などでたまに見かける「知らない食材」
いつも買っているスタンダードな野菜さえあれば食事には不自由しないんですが、単純に味や食感、調理方法が知りたくて、見かけたらたまに買ってみることにしました。

題して「未知の食材チャレンジ」。

私が知らないだけで世間一般からしたら有名なのかもしれませんが、おつきあいください。

今回は「モロヘイヤ」です。

食べたことあるのかなぁ?ないと思うなぁ。
そしてもちろん買ったことも料ったことはありません。

f:id:gintomochi:20180617153508j:plain

ドアップなモロヘイヤ。
ちょっと赤い筋があったりするけれど、ただただ普通の葉っぱ。

モロヘイヤを食べてみたかったのは、私の大好きなまんが「オリオリスープ」に出てきたというのもあります。

f:id:gintomochi:20180617153448j:plain

モロヘイヤのたたきソーメン!

まんが通り、モロヘイヤを1分~1分半茹でてたたいてみたら、おおおおー!!ネバネバ!!

f:id:gintomochi:20180617153441j:plain

モロヘイヤがネバネバすることすら知らなかった私。
まんがでは、「納豆やオクラなどを入れてもおいしく食べられます」とありましたが、実際に料理してみないとわからないこともありますね。

たたきモロヘイヤとめんつゆをあわせてみて、ここでトラブル発生。
素麺が…ない…!!

こんなときに限って常備しているはずの素麺を切らしていることに気付く私。
とりあえず今回はそばで代用することに。

f:id:gintomochi:20180617153429j:plain

もう…モロヘイヤまったく見えませんが………

モロヘイヤのつゆにすこーしだけレモン汁を垂らして(自己流)
上にみょうが、ツナ、炒めナス、温玉を乗っけていただきました。

つるつると食べられて本当においしーい!!
今回は、ちょっと前日お店で食べたエスニックなソーメンが美味しすぎていろんな具を乗せてしまいましたけど、シンプルにモロヘイヤのつゆで食べるだけで十分おいしいと思います。

この夏、リピートしたいと思います!!
次の買い出しで早速またモロヘイヤ買ってきました(*´`*)

 

f:id:gintomochi:20180617153425j:plain

ピリっとさせるには、一味唐辛子や山椒、柚子胡椒をかけるとおいしいらしいです。

こうしてはじめて作ってみて感動できることが嬉しいです。
ごちそうさまでした。

cookpad.com

ブログランキング・にほんブログ村へ   

オリオリスープ(3) (モーニング KC)

オリオリスープ(3) (モーニング KC)