おうちライフ

共働き子なし夫婦の嫁が送る、気ままなおうちライフ

野菜のくずを有効活用

f:id:gintomochi:20180215064359j:plain

野菜のくず…可食部分以外の普段捨ててしまうものを、
写真のように洗って集めて冷凍保存しています。

用途は、だし取りです!
お味噌汁を作るときに、今までは市販のかつおだし(顆粒)を使っていたのですが、結構塩分が高いことを知ってから、野菜や肉の煮汁でだしをとるようになりました。
平松洋子さんのエッセイでだし取りに対してハードルが低くなったこともきっかけかも。

そもそも、野菜の皮を無駄にしない方法はあるかしら?と考えたのは、お金のなかった一人暮らし時代のことでした。

暮らし上手の節約手帖[雑誌]

暮らし上手の節約手帖[雑誌]

 

▲大好きな「暮らし上手」シリーズ

お金がなくて、食に色んな工夫をしだしたころに手に取った『暮らし上手の節約手帖』に野菜の皮もおいしくいただく方が特集されていて、 これだ!と思いました。

f:id:gintomochi:20180215065220j:plain

f:id:gintomochi:20180215065219j:plain

最初は皮などを細かく刻んで料理や味噌汁に混ぜるところから始めました。
でもそのうち、食エッセイやまんがの影響で、だし取りにメインで使うようになりました。

 

f:id:gintomochi:20180218221644j:plain

▲もはや当ブログ恒例の『オリオリスープ』
3巻で紹介されている「ベジブロス」が、野菜くずを使うお話です。

オリオリスープ(3) (モーニングコミックス)

オリオリスープ(3) (モーニングコミックス)

 

 

f:id:gintomochi:20180218221637j:plain

『暮らし上手の野菜帖』でも、野菜でとるだしが紹介されていました。
思えば干し野菜作りや常備菜をはじめたのもすべて「暮らし上手」シリーズがきっかけだったなぁ。

 

暮らし上手の野菜帖 (エイムック 2425)

暮らし上手の野菜帖 (エイムック 2425)

 

 

なんと、2月18日(日)の「所さんの目がテン!」で、この野菜くずのことが特集されていました!(夫が録っておいてくれました。感謝)

www.ntv.co.jp

f:id:gintomochi:20180218221651j:plain

f:id:gintomochi:20180218221656j:plain

f:id:gintomochi:20180218221659j:plain

野菜には「ファイトケミカルphytochemical)」という抗酸化作用のある成分が含まれていて、とくに可食部分ではなくて皮などに多いとのこと。
ちなみにphytoは植物という意味だそうです。

私は節約のためということと、皮にこそ栄養素がたくさんあるという知識だけがあったことから野菜くずを活用していましたが、ファイトケミカルの抗酸化作用のことはちゃんと知らなかったので、すごく勉強になりました(*´∀`*)

また、私は自分の判断でじゃがいもの皮は捨ててきました。
ソラニンとか有害物質でしょ~?と思って。
でも、この番組でじゃがいもの皮に含まれるデンプンがだしに甘みを出してくれるということがわかって、皮の青くなっていない部分であれば有効活用できるかも…?という気になりました。

 

ちなみに番組冒頭では一応こんな注記も。

f:id:gintomochi:20180218221650j:plain

農薬が心配な方へ向けて大事なお知らせ。(所さんの格好はおいといて)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

アウターを3着も新調した

FP2級までとってお金についてのやりくりをがんばろうとしている私ですが、その意識はまだまだ低い方で、ほんの些細なきっかけで散財に走ったりしまいます(´ε`;)

 

gintomochi.hatenablog.com

先日 絶不調だったとき、自分でもストレスMAXだったのがわかり、このままじゃダメだ……と思ってもがくようにいろんなことをやってみました。

  • ひとりで何本も映画を観る
  • 突発的に行ったことのない土地へ行って20,000歩くらい散歩
  • アウターを全部売るという暴挙(まだオンシーズンなのに!)
  • アウターを売ってしまったから改めて買い物に出かけて散財

アウターなんですけどね、3着売って一気に3着買いました(;´∀`)
本当は、今から来冬に向けてアウター貯金をして、良いものを1着手にいれようと思っていたのですが、買い直したラインナップは見事プチプラですよー!
これでいいのか32歳。

でもひとつ良かったことは、一気に買い直したことで雰囲気の違う3着をイメージ通りに選べたということ。
プチプラを買うからこそ、かなり熟考して決めました。

 


▲ひとつはこちらのブラックを。
うち、ねこがいるので暗いウール系の衣服にはもれなくねこの毛が大量に付着します。
なので色の落ち着いた服がなかなか着られなくなり、黒に飢えていた…!
商品説明を読むと「シャカシャカとした質感が特徴」と書かれていたので、大丈夫だと判断しました(*´∀`*)
口コミをみてLサイズにしてみたのですが、160cmで標準体型(と思いたい)の私にはちょっと大きかったかなと思います。
でも念願の黒アウター、お気に入り!!!

 

f:id:gintomochi:20180217142554j:plain
▲こちらのムートンコートはしまむら
2,000円の10%引きでした。
ずっとムートンコートがほしかったのですが、「なんかここが違う」「なんかここがイヤ」と購入には至らなかった。
しまむらに何種類がムートンコートがあったのですが、「これこれ!この色でこういう肌触りでジッパーじゃなくて、こういうの!」というものに出会えたので即決。

 

f:id:gintomochi:20180217142556j:plain
▲こちらもしまむら
なんと1,500円の10%引きでした。
以前この色の古着のピーコートを持っていてとても重宝したので。
(それなのに断捨離したのはもともと古着だったこともあり経年劣化が激しかったから。。)
少しうすめなので、春先まで着られそうです。

 

いつも素敵なコーディネートで参考にさせていただくことも多いのりこさんが、「服はプチプラで十分だけど、コートやカバンは質感に値段が出るからいいものを買うようにしている」といった主旨のことを本で書かれていました。(細部は違うかもしれません;)

 「なるほど!」と思いました。
それで手始めにアウター貯金をはじめようと思った矢先だったのですが…

ときめかなかったものとさよならして、
ときめくものをGETできた。
今回はそれでよしとさせてくださいm(_ _)m

 

服を着るならこんなふうに (1) (単行本コミックス)

服を着るならこんなふうに (1) (単行本コミックス)

 

服といえば、このまんががおもしろいです。
主人公(男性・サラリーマン。服にこだわりなし)の服を妹がいろいろ見立ててくれるんですが、ファッション用語や起源、コーデ術などいろいろとためになるし、服を買いに出かけたくなります(*´ー`*) 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

【お弁当】ソーセージ弁当

f:id:gintomochi:20180205222617j:plain

ソーセージ弁当
肉のハナマサで安くなっていたチーズインソーセージを購入したので。

休日はウインナーをよく燻製にして食べています。
ウインナー大好き。
でも、できるだけ食べすぎないように気をつけています。
それはソーセージの保存料のことがほんの少し気になるから。

腐りやすい肉を保存するという目的で作られるようになった腸詰め。
それは人間の知恵だと思うし、なんでも食べすぎなければ無害だと信じてはいますが、やっぱり添加物は添加物なんですよね。量によっては発ガン性もあるといわれています。

ただ!
「そんなことを言っていては何も口にできないよ!」派でもあります。

食べ過ぎに気をつけて、おいしく食していきたいと思います(´∀`*)

 

実況・料理生物学 (阪大リーブル030)

実況・料理生物学 (阪大リーブル030)

 

 ▲この本、図書館で借りて読んでとてもおもしろかったので購入しました。
大阪大学で開講されている小倉先生の授業について書かれていて
実際に腸詰めを作ったり、カレーのスパイスについて講義したりしています。
こんな授業なら私も受けたかったー!

 

…そういえばウインナーとソーセージの違いってなんだろう?と思って検索したら、ソーセージという大枠のなかにウインナーがあるみたいですね。

www.ucoop.or.jp

シャウエッセン的なものがウインナーでそれより大きいのがソーセージっていうのが勝手な私のイメージ……(*´ー`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ