おうちライフ

都内在住30代。共働き子なし夫婦の嫁が送る、気ままなおうちライフ

仕事に殺されることもあれば、仕事に救われることもある

f:id:gintomochi:20200315122945j:plain

仕事に殺されることもあれば、仕事に救われることもある。
それを実感しているここ最近です。

というのも今年に入ってから仕事に打ち込んでいて、タイミングによっては寝食を忘れるくらい仕事していて、半ば仕事が趣味みたいな状態になっている。2月に放送された「全ファイナルファンタジー大投票」でFF熱が爆上がりして、懐かしのⅨをSwitch版で購入したり、まだやったことのないⅩⅤを購入したり、全FFで1位だったⅩをまたやりたいな〜なんて画策していたりするけれど、全部できていない。ある時間をすべて好きな作業に費やしていて、今はそれが楽しい。あ、Ⅶリメイクの体験版はやりました。

 

このブログでたびたび書いたように、前職では多忙を極め、働きすぎとストレスで体調を崩した。そのときは仕事に殺されると思った。大きく分類して「作る」という仕事が好きで、それをずっと続けている。前職もそうだった。でもベルトコンベアで流れてきた愛のない部品を打ち返し続けていればいいような、しかも千本ノックみたいな、そんな感情も愛も丁寧さもないその仕事をしているのは辛かった。転職して、その呪縛からは解放された。そして、本業により一層コミットしたいし自分のスキルもいい加減テコ入れしたいと思って、自分で仕事をとってくるようになった。冒頭で書いた、私を救ってくれている仕事というのがこのこと。ずっと挑戦してみたかった仕事だ。

仕事をして、対価をもらうという仕組みが好きだ。生きていると実感する。前職によって残業が死ぬほど嫌いマンになったけれど、そもそも働くこと自体はずっと前から嫌いじゃなかったし、むかしからそれが生きる目的だった。私がそんな風に仕事とお金に固執することになった過去をちょっとだけ語っていいですか。

 

高校生のときにはすでにお小遣いはもらえなくなっていたので、自分が働かなくては病院にも行けなかったし定期も教科書も買えなかった。そんなわけで、自分の時間をマネタイズしなくてはと、いつも焦っていた。今思えば、ちゃんと学生として勉強できるうちに勉強しておけばよかったってたくさん後悔もする。それがコンプレックスになっているから、大人になって学びなおしたり検定受けたりしているんだろうなと客観的に思っている。学生の本分は勉強だよ、みんな気をつけて。

特に何が技能があって特別なことができるわけじゃなかったけれど、労働力が役に立って求められ、さらにそれで賃金をもらえるのが学生のときは特にうれしかった。大学のときは途中で学びたい分野が変わってしまったこともあって、興味のない実習にお金を投じて時間をさかなければならない事態に発狂しそうだった。その時間、アルバイトに身を投じている方が私にとっては有益だった。

大学時代はなんといっても本当にお金がなくて、数ヶ月学費を滞納し、除籍処分寸前だった。家族は助けてくれなかった(むしろ私の奨学金を使ってその窮地に追いやったのは家族だ)。学業に対するモチベーションもどん底で、途中もう、卒業に固執しないで潔く諦め、フルタイムで働きはじめようかな、と思ったことがあった。お金がなくて学費が払えないという呪いから解放されたかった。中退して働き始めれば、学費を払うことなくそのお金はすべて私のもの。でもそんなとき、ゼミの先生がありとあらゆる手を使って私を助けてくれた。私に見えない部分でも本当に色々な手を尽くしてくださった上で、「卒業まであと1年、今諦めたらもったいない」「そこまできたら大卒の資格は絶対に諦めないほうがいい」と根気強く私を説得してくれて、私はなんとか大学を卒業することができた。本当に先生には感謝しかない。今度、その先生と会えることになった。またちゃんとお礼が言いたい。

先生のおかげで大学卒業までがんばると決めてからは、恥をしのんでまわりからお金を借りた。アルバイト先の先輩や友人や親戚から借金をして、足りない分の学費を工面した。情けなかったけれど、イチ学生の収入だけで大学の学費を工面するのは無理ゲーである。私もアルバイトを増やした。早朝は漫画喫茶で働き、そのまま授業に行って、すき間時間には先生が工面してくれた文字起こしのバイトをして、授業が終わったら本屋とスーパーのアルバイトをした。時給のいい登録制のイベントバイトにも2つ登録して、土日や授業のない日はそちらのバイトに出た。いくつもやっていたのは、シフトの関係で働きたくても働けない空白日ができるのが我慢ならなかったから。そんなわけで、週休0日のときもあったけれど、自分の時間をすべてマネタイズしないと不安だったのだ。

ちなみに先輩や友人に借りたお金は速攻返済した。親戚の借金だけ待ってもらって(結構な額だったし)、奨学金の返済と並行しながら、20代のすべての時間を使ってやっと返済した。親戚は「返してもらえると思わなかった」と言った。優しい親戚でよかった。でもだからこそ完済は矜持というか、これが終わらなければ、私は自分のお金のことを考えてはいけないんだと思ってやってきた。30歳になってから、私はようやく自分のためのお金に向き合えるようになった。その資格を手に入れた。

 

身を削って会社に貢献する働き方は大嫌いだけれど、自分が生きていくために自分でとってきた仕事に取り組むのは楽しい。そんなことを思ったとき、学生時代のことを思い出したのでとりとめもないことだけど、ちょっと語りたくなっちゃって書いてみた。自分の時間をすべて投じてやっていた大学時代のアルバイトは、漫画喫茶も本屋も時給700円程度だったな〜楽しかったけれど稼げなかったな〜朝辛かったな〜とか。

仕事に全時間を費やしてるよ私えらいって記事じゃないです。それだと「24時間働けますか」なんて不穏極まりないキャッチコピーと同じなんで意味合い自体は全然違うんだけど、好きなことに打ち込んでいる今楽しいよって記事でした。

バレンタインはいつも遅刻

こんにちは、みくこです。

ここ最近はもう毎年のことなんですが、バレンタイン当日、本来いちばんにあげたい相手(つまり夫)にチョコをあげられていません。いっつも遅刻。バレンタインという日を忘れているわけでは決してない。むしろ今年はこれでも人生でいちばんチョコにまみれたバレンタインだった。

gintomochi.hatenablog.com

 

 

ちなみにバレンタインには毎年チョコ大福をつくっています。
生チョコをつくっておいて、冷やしかためている間に白玉粉求肥をつくるの。求肥をココアパウダーでチョコレート色にしたら「チョコ大福」っぽさが増すと思うんだけど、私は白くてころっとした見た目の大福がかわいくて好きだ。決して手間と工程が増えるからではない…。

f:id:gintomochi:20200224190737j:plain

チョコ大福2020

今年は、過去イチで手際よくできたし大福の形もかなりきれいにできました。チョコの扱いから片付けまで慣れたもんだな〜と我ながら関心していたんですが、実際に試食してみたら肝心の求肥がイマイチ……残念。いつも白玉粉の温めは電子レンジなんですが、今回はガス加熱(鍋)でやってみたんだよね。白玉粉の扱いについてはまだまだ修行が足りない。

 

今回のバレンタイン、2020年2月14日は金曜日でした。

2月11日(火)は建国記念日で祝日でしたがチョコ作るのを失念しました。
15日(土)〜16日(日)は広島旅行に行っていました
22日(土)〜23日(日)は世界遺産検定で追い込みかけたり打ち上げしてました

そして24日(月)の振替休日にようやくチョコを渡しました。
つまり今年は10日遅刻でした。

 

もうバレンタイン関係なくない?🤔

 

▼2年前は4日遅刻したみたい。

gintomochi.hatenablog.com

 

▼1年前は17日遅刻したみたい(ひどい)

gintomochi.hatenablog.com

特に昨年は、大福の形もひどいし(包む気あるのか?)やっつけ仕事感がハンパない。なぜなら前職で心の余裕がなかったから。お菓子をつくってストレス発散する素敵な女子も世の中にはたくさんいると思うんですが、私はお菓子づくり、心の余裕がないとできないな。

 

私的に求肥づくりは少々メンドウなんですけど、白玉は別。結婚直後、まだ家計の出入金が安定していなかった時期には、おやつ代を節約しようとしてよく白玉をつくっていたので、白玉粉だけは今でも常備してあります。

f:id:gintomochi:20200302164346j:plain

f:id:gintomochi:20200302164351j:plain

▲『3月のライオン』8巻で、川本姉妹も白玉づくりをしています♪
物語ではこのあと三日月堂として縁日で出店したりと白玉が大活躍。

白玉粉は、白玉も求肥もつくれてとても汎用性の高いアイテムなのでオススメ。白玉はつくり方が簡単だし、もちもちしていておいしいです。市販のは噛みごたえがなくて甘すぎるんだよね。

 

というわけで、今年のバレンタイン記録と白玉についてでした。

 

cookpad.com

3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   

牡蠣を食べに広島旅行2020*2日目

先日行ってきた一泊二日の広島旅行についてです。1日目はこちら。

gintomochi.hatenablog.com

■2日目

原爆ドーム~おりづるタワー

2日は雨。とはいえホテルを出た時点では降るか降らないかの小雨だったため、歩いて原爆ドームへ。ホテルからがしがしと歩いて大体20分くらいでした。前回の一人旅のときの市内観光はバスを利用したため気が付かなかったけれど、広島って地下が充実している。原爆ドームへ向かう途中に地下道(シャレオという施設です)に入ってみたら色んなお店が入っていてすごく便利でした。なんでもあった…。

f:id:gintomochi:20200224195817j:plain

f:id:gintomochi:20200224195820j:plain

f:id:gintomochi:20200224202035j:plain

脇の木の上でねこが雨宿り(?)していた。びちょびちょだったけど…。

 

今回行きたかったのは原爆ドームのすぐそばにあるおりづるタワー。前回は「何このおしゃれな施設!」と横目で通りすぎるだけだったの。入場料1,700円と結構お高めなんだけど、今回選んだ新幹線+ホテルのプランにおりづるタワーの入場券も含まれていたのでこのプランにしました。

おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER

おりづるタワーはその名の通り「折り鶴」をイメージしたデザインで統一されていて、1Fはお土産屋さんとカフェ、12F・13Fが展望台という造りになっています。2~11Fは会議室などで観光施設ではないので、3階分なら結構早く見終わっちゃうのかな?と思ったんだけど、見応え抜群・居心地がとても良くて気づいたら結構長い時間を過ごしていた。

1Fで入場したら、12・13Fまでエレベーターで行くか階段(スロープ)で行くか選べます。我々はなぜか迷わず階段。私、捻挫で足を痛めていたのでゆっくりでしたけど、階段部分は屋外になっていて広く、佐藤秀峰さん(『ブラックジャックによろしく』などの作者)の絵画が各階の壁に沿ってずっと展示されていたので、いちいち絵に感動しながら登ることができました。絵画は1Fから見ていくと広島の昭和から現在にかけてを時系列で感じることができます。帰りだけ階段でもいいんだけど、できれば行きも階段をおすすめする。

f:id:gintomochi:20200224202042j:plain

階段自体がゆったりしているので、あまり苦になりません。優しい設計。

f:id:gintomochi:20200224202120j:plain

帰りはすべり台で滑って下りられます。我々はやらなかったけれど大人がすごいスピードで滑っていっては喜んでいました。笑 ふもとに子どもがいたりするので衝突事故注意です。

f:id:gintomochi:20200224202101j:plain

f:id:gintomochi:20200224202115j:plain

おりづるタワー、とてもていねいに作られた施設だと感じました。戦争や原爆については平和資料館でその悲惨さを改めて実感したんですが、おりづるタワーではどちらかというと平和や明るい未来を願う気持ちが込められていて、木のぬくもりもあって雰囲気が優しいんです。世界遺産原爆ドームは、戦争の記憶・過ちを後世に残すという目的で永久保存されている。そこで何が起こったか。そのとき何人の方が命を落としたのか。おりづるタワーでは、爆心地直下にあった医院の先生のエピソードや、原爆ドームと呼ばれている建物(産業奨励館)の設計者の紹介など、文化的側面からも広島を知ることができました。

f:id:gintomochi:20200224202057j:plain

f:id:gintomochi:20200224195830j:plain

HANA LUMINE TERRACEというイベントが開催中だったようで、13F展望台は開放的で素敵な空間が広がっていました。

夜の夜景がきれいそうだったしドーム型テントのなかでお茶したかったー。夜におりづるタワーという発想はなかったなー。ただ入場券は一日中使えて再入場可だそうですので、時間さえ許せば夜にふらっと訪れてもいいかもしれません。

f:id:gintomochi:20200224195900j:plain

f:id:gintomochi:20200224195826j:plain

f:id:gintomochi:20200224195833j:plain

f:id:gintomochi:20200224195806j:plain
12Fでは、建物の「おりづるの壁」に折った折り鶴を投入できるよ。1Fのカフェにも行きたかったけれど時間が押していたので泣く泣く諦め。お土産屋さんでは大好きな大長檸檬酒も売っていました。

○お昼:汁なし担々麺

広島のアンテナショップ(@東京銀座)に入っている汁なし担々麺「キング軒」が大好きです。大好きなので、前回の一人旅では本場のキング軒でお昼を食べました。今回は夫の提案で、東京では食べられない汁なし担々麺を!と探して「麻沙羅」というお店に行きました。

f:id:gintomochi:20200224202046j:plain

f:id:gintomochi:20200224202038j:plain

辛さとしびれがそれぞれ4段階から選べて(4が一番辛い)、私は3×4、夫は4×4をオーダーしました。水が甘く感じるほど辛くて、しびれもいい感じでした。

夫の食べた四川担々麺は、薬草感がすごかったので苦手な人は苦手かもしれない。

tabelog.com

辛いの食べたしやまちさん(id:epinkflowerオススメのジェラート屋さんに!と思っていたけれど、こちらもタイムオーバーでした。。次回は必ず行きます!

○そして帰路へ

広島駅でお土産を購入。おりづるタワーにもあった大長檸檬は、学生時代バイト先の先輩とよく行っていた居酒屋にあってボトルキープしていたくらい大好きな青春のお酒。東京では取り扱っているお店をもう知らない…。数本買って自宅配送にしようと思ったんだけど、お店のラスイチだったので持って帰りました。おりづるタワーでも買っておけばよかったなー。藤い屋のもみじまんじゅうは職場のお土産に。

 

ちなみに東京駅に着いてから夫と別れ、私はそのまま朗読劇の観劇で渋谷へ。どんな強行スケジュールなんでしょう。普通に次の日仕事だわ。

■広島旅行まとめ 

2018年に一人で行った広島は日常からの逃避だったけれど、今回は好きなものをたくさん詰め込んだ充実した旅になりました。ただ、行けば行くほど行ってみたい場所が増える広島。もっともっと牡蠣が食べたいし、行きたかったけど諦めたお店もあるし、やまちさんに教えていただいたお店めぐりもしたい。他にも行きたい土地はあるけれど、広島旅行は恒例行事にしたいくらい。次行ける日を目指して、また日常をがんばろーっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

 

 

gintomochi.hatenablog.com